ものづくり再開

 千種川沿い縦走が終わり、約1週間ぶりにものづくりのプログラムが再開されました。
 午前は清瀬先生のご指導のもと、粘土から花瓶を作製しました。簡単な道具だけを使い、みんな満足の行く作品を完成させました。

 午後からは森林林業技術センターのお世話になり、切り出した丸太の製材を行いました。
製材された木材はこれから生徒たちの手で、立派な木工ベンチに変わっていきます。

広告を非表示にする