木炭窯出し

窯の蓋を開ける日がやってきました。蓋を開けると、真っ赤に燃えている木炭の鮮やかな美しさが目に飛び込んできました。講師の先生の指導により、約1000度で燃えている木炭を引っ掻き棒で窯から掻き出し、用意していた灰にかけていきました。
昼食は、この木炭を使ってのバーベキュー。もちろん美味しかったことは言うまでもありません。

広告を非表示にする